Quuty

2016年02月06日更新

夏メイクの悩み解決!夏のモテ女メイク術!

夏は、汗や皮脂によるメイク崩れを気にするあまり、さまざまなタイプのファンデーションを重ねてつけてしまいがちです。 それにともない、アイシャドウやリップもバッチリ塗って、まるでそのままランウェイを歩いてしまいそうな舞台メイクの完成!
251 view

これで完璧!夏のモテ女メイク術

夏メイクショートヘア女性
https://locari.jp/

夏は、汗や皮脂によるメイク崩れを気にするあまり、さまざまなタイプのファンデーションを重ねてつけてしまいがちです。
それにともない、アイシャドウやリップもバッチリ塗って、まるでそのままランウェイを歩いてしまいそうな舞台メイクの完成!
しかし、そんなバッチリメイクに男性たちはドン引きです。
そして、重ね過ぎたメイクはお肌の負担にもなってしまい、夏の強い紫外線にさらされることでシミやそばかすの原因にもなります。
そこで、ファンデーションの重ね塗りに頼らず崩れなし、男性ウケもよい、夏のモテ女ナチュラルメイクポイントをご紹介します。

朝のスリーミッションでファンデの厚塗りストップ!

ファンデ―ションを付ける女性
http://josei-bigaku.jp/

メイク崩れを気にするあまり、リキットやパウダータイプのファンデーションをあれこれ使い分けて・・・って、もう朝から大変じゃありませんか?
そこで、ファンデーションの重ね付けをするのではなく、まずファンデーションを塗る前にやっておきたい3つのミッションをご紹介します。

ぬるま湯での洗顔後のひんやりローション

まずは、眠っている間に出てきた汗や余分な皮脂をしっかり洗い落とします。
落ち切っていない余分な皮脂の上にどんなに丁寧にベースやファンデーションを塗ったとしても、皮脂とともに早々に浮き上がり、崩れていきます。
汗や余分な皮脂というのは水だけでは決して落ちることはありません。
しかし、温度の高いお湯では、肌に必要な油分まで取り除いてしまいます。
そこで、35℃ぐらいのぬるま湯で洗い流すことがポイントです。
洗顔後、あらかじめ冷蔵庫で冷やしておいたスプレータイプのローションを顔全体に吹きかけます。
ぬるま湯で温かくなっている肌に、冷たいローションを吹きかけることで毛穴が引き締まりメイク崩れもしづらくなります。
ここで注意したい点は、冷蔵庫での保管が可能なスプレータイプのローション、ガスを使用していないものを使いましょう。

スプレータイプローション
https://www.google.co.jp

また、冷蔵庫にわざわざ入れなくても冷たくて霧状に出るローションもあります。
夏限定で試してみてはいかがでしょうか?

保冷材を活用してポイント冷やし

朝、メイクをするだけのためにお部屋のエアコンを付けて汗が引くのを待つというのもなかなか大変です。
そこで、身体のリンパ節がたくさん通っている脇や首のうしろに保冷剤をあてて冷やします。
薄地のタオルで保冷剤をくるみ、それを両脇にはさむ、もしくは、首の後ろにあてます。
こうすることで、身体がクールダウンできて蒸暑い朝、ジワジワ出てくる汗と格闘することなくメイクすることができます。

発汗をコントロール 半側発汗

日頃から汗をかきやすい方にはとくに試していただきたいのが半側発汗を活用したメイク術。
実際に舞妓さんが行っている方法で発汗をコントロールするのです。

人間の身体には、からだの一部を押すことにより、その周辺の汗を一時的に抑えて、反対側から汗をかきやすくするというしくみがあります。
胸から上の汗を抑えたい場合は、乳頭から5センチぐらい上、およそ指2~3本上あたりにあるポイントを親指で8秒間、息を吸いながらゆっくり押していきます。
そして、息を吐きながら8秒かけてその親指を離します。
これを3回するだけで、胸から上の汗を軽減することができます。
さらに詳しく知りたいあなたは半側発汗と検索をしてみてください。

午前中のメイク崩れの回避は、朝のひと手間にあり!
ぬるま湯での洗顔で眠っている間に出た汗や皮脂をしっかり落とした後、冷やした霧状のローションを活用して顔の毛穴を引き締めて、発汗量をコントロールする。
このひと手間でファンデーションの重ね塗りを回避できます。
またお昼もこの要領で、と、いきたいところですが、さすがに洗顔は厳しいようでしたら、ガーゼタオルを濡らして固く絞ったものや、フェイスペーパーをうまく活用して余分な皮脂を拭き取り、発汗量をコントロールしながらスプレータイプのローションで保水をして、ファンデーションの付け直しをしていきましょう。
ここで注意する点は、付け直しの際、ファンデーションの厚く重ね過ぎないように。
明るい場所で顔の正面、サイドと鏡でチェックすることをオススメします。

夏のモテ女 ナチュラルメイクのポイント

やはり、暑い夏に涼しくみえるのは、ナチュラルメイク。
そして、どの世代の男性たちも清楚で、清潔にみえる女性を好むものです。
そこで、夏の日差しに涼しく見えるアイメイク、リップのカラーチョイスをご紹介しましょう。

アイシャドウを付ける女子
http://girls.livedoor.com/

ナチュラルメイクの場合、一番重要なのはアイメイクです。
それは、ナチュラルを狙いすぎるとピントボケした顔になってしまうからです。
“目は口程に物を言う”という言葉があるように、マスカラ、アイシャドウを盛り過ぎず、軽くアクセントをつけることが大切です。

マスカラの付け方
http://www.beauty-co.jp/index.html

ナチュラルメイクで大切なのはまつ毛です。
マスカラを付けることで目の形が美しく見えて、つけ方によって、カワイイ系、セクシー系とアレンジを効かせることもできます。

![マスカラを付ける女性① ] http://www.beauty-co.jp/news/img/141106_toyoda_02.jpg
http://www.beauty-co.jp/index.html

カワイイ系は、マスカラを縦に持って、黒目の上下にあるまつ毛を重点的に放射状に広がるように塗っていきます。
こうすることで、目の形が丸みを帯びて見えるため、かわいらしさを表現できます。

マスカラを付ける女性②
http://www.beauty-co.jp/index.html

また、セクシー系、エレガントな目を演出したい場合は、目じりのまつ毛に対して横へ横へとのびるように塗っていきます。
こうすることで、切れ長な大人の目の形を演出ことができます。

ハットをかぶる女性
http://etvos.com/column/

アイシャドウをブラウン、オレンジ系でまとめるとナチュラルで明るく元気なイメージに仕上がります。
リップカラーも、オレンジをもってくることで、夏でも涼しげで明るく健康的な演出ができます。

まとめ

暑い夏に、盛り過ぎるメイクは、どうしても暑苦しくみえます。
そして、盛れば盛るほどメイク崩れも起こしがちです。
それを直そうとさらに付け直すため、悪循環を起こしていくのです。
だから、夏は引き算メイクと心得ましょう。
まず、基本的なお手入れ、洗顔を丁寧にすることで、余分な皮脂や古い角質を取り除くことでくすみのない肌を心がけましょう。
肌というベースがよければ、自然とナチュラルメイクが定着していきます。
今年の夏は、メイクに力を入れるのではなく、メイク前のお肌のお手入れに意識を持っていってみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

はちみつパックの効果とその実践方法!

日差しが強くなってくると、日焼けやシミ、乾燥や肌荒れなど、お肌のトラブルが気になりますね。 肌を乾燥から守り、潤いを補給してくれるいいパックはないでしょうか。そういう時に、簡単で効果的なパックが、はちみつパックです。ビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富な健康食品ですが、肌にとってもとても美容効果があるのです。

お手軽価格なのに高品質!ちふれの化粧水がおすすめ!

基礎化粧品の中でも化粧水は、お肌の水分補給としてとても大事なものですよね。だからこそ、自分に合った良いものを選びたいものです。 そこで今回は、ちふれの化粧水をご紹介したいと思います。

オルビスのファンデーションの効果と口コミは?

水によってお肌の酵素を活性化させるために、オイルカットにこだわりを見せるオルビス。元々お肌が持っている力を引き出すために、余計な添加物を加えずに製品作りをしています。今回は、オルビスが扱うファンデーションの効果を比較し、口コミも紹介いたします。

アイクリームの正しい使い方とおすすめの商品

目元は顔の中でも一番目がいくパーツですが、ケアしないと疲れや年齢が出てしまいます。 目尻のしわやクマ、乾燥などにはアイクリームがおすすめです。

脚痩せしたい方必見!!たったの1週間で驚くほど効果のある脚痩せ法

モデルさんのようなスラリとした脚、憧れますよね。 モデルさんは、とても美意識が高いので日々努力をしています。