Quuty

2016年02月07日更新

今すぐ実践できる!簡単な万能ベビーパウダーの活用法

ベビーパウダーは名前の通り、もとは赤ちゃんのために使うパウダーですので、肌に優しいものとして大人女子の美肌ケアアイテムとしても注目されています。 どのメーカーのものでもプチプラで購入することができて誰でも使えるアイテムと言えますので、早速どのような使い方があるのかご紹介しましょう。
417 view

ベビーパウダーの美肌効果とは?

ベビーパウダーは名前の通り、もとは赤ちゃんのために使うパウダーですので、肌に優しいものとして大人女子の美肌ケアアイテムとしても注目されています。
どのメーカーのものでもプチプラで購入することができて誰でも使えるアイテムと言えますので、早速どのような使い方があるのかご紹介しましょう。

ベビーパウダーの使い方

そもそも赤ちゃんの肌を清潔に保つためのものなので、大人でも安心して使えます。

基本は付属のパフを使っていくのが一般的ですが、ふんわり仕上げたい時はブラシを使うのもオススメです。
パフもブラシは100均でも購入できるものですので、スペアを用意しておくなどするとよいでしょう。

ただ、携帯するのも同じですが、ベビーパウダーを清潔に保つようにいつも心がけておかなくてはいけないと言われています。
雑菌の心配などもありますので、何かと混ぜたりしたらその場で使いきるようにしたりと常に清潔に使っていくように心がけなくてはいけません。
清潔に使うことを心がけるというのは他の化粧品でも同じでしょうから、ベビーパウダーでも気をつけるようにしましょう。

使い方次第ではナチュラル系メイクに大活躍しますし、美肌に見せることも可能です。コスメとして以外の使い方もあり日々のスキンケアにも使う方法がありますので、詳しくご紹介していきましょう。

ファンデーションの代わりに使う

石油由来のファンデーションは肌に余分な刺激を与えてしまっていることがあります。肌に負担をかけてしまわないためにも、ファンデーションの代わりにコンシーラーでカバーしつつ、ベビーパウダーをファンデーションとして使っている人がどんどん増えているのだそうです。
ベビーパウダーを使えば化粧崩れのしんぱいもありません。

また、普段通りファンデーションを使った後のフィニッシングパウダーとしても使えます。
もちろんすべてのファンデーションが肌に悪いということはありませんので、ファンデーションを使う場合は肌に優しいファンデーション選びをしながらベビーパウダーも併用するのがよいでしょう。

ノーファンデで使うときの注意点としては、日焼け止めの成分はベビーパウダーにはないので、紫外線対策を万全にするためにはUVカット効果のある下地や日焼け止めクリームなどを使用してUV対策を忘れないようにしましょう。

ルースパウダーとして使う

ベビーパウダー
出典 : http://www.amazon.co.jp/

やりすぎたメイクを抑えるのにも効果的ですし、すっぴん隠しにもぴったりでベビーパウダーのみでも毛穴を目立たなくしてくれる効果があります。
メイクなおしにもぴったりですし、顔のくすみなどをかくしてくれるでしょう。

肌トラブルがあるような時は、肌トラブルをかくすのは難しいかもしれませんが、いつものメイクでしっかり肌トラブルをかくした後に仕上げとして使うのがよいのではないでしょうか。

制汗剤として使う

余分な水分を吸収してくれる効果もありますので制汗剤の代用として使う人も多いそうです。多汗ぎみの人は、消臭スプレーを使ってからベビーパウダーを使うなどダブル使いするのもよいでしょう。

特に普段から汗をかきやすい人等にはオススメです。
というのも、汗をかきやすい人は汗が原因で肌トラブルを起こしやすいからでしょう。
汗かきではない人でも夏場の汗対策にはぴったりなのではないでしょうか。

こういったベビーパウダーの特性から、オイリー肌の方が使いやすいと思われがちですが、使い方によっては乾燥肌にもしっかり使っていけます。
赤ちゃんの汗対策に使われているようなアイテムですから安心して使えるのが嬉しいですね。

ただ、あまりにも汗がひどい人は、ベビーパウダーでは汗対策が不十分なこともあります。
ベビーパウダーだけでは汗の悩みが解消されない場合は他の対策も取り入れるようにしながらベビーパウダーを併用して使っていくようにするのがよいでしょう。

いつもの洗顔にプラスする

いつも使う洗顔料にスプーン1杯程度プラスしてから泡立て使うと毛穴ケアができてしまうんです。
肌に優しい成分だからこそできるケアなのです。

顔の上で混ぜるとポロポロ落ちてしまうこともありますので、しっかり洗顔料に混ぜるためにきちんと手のひらで泡立ててから使用するとよいでしょう。

パックとして使う

ミルク
出典 : http://beauty-matome.net/skin/baby-powder4.html

コップ1杯の牛乳に大さじ2杯程度のベビーパウダーを合わせてパックを作ることもできます。
パックにするのは特に乾燥肌の人にオススメです。

他にもヨーグルトやハチミツを使ったパックなどもありますので、さまざまなレシピを考えてみるとよいでしょう。
自分の肌質に合わせてベビーパウダーを使った独自のパックを生み出すのもよいかもしれません。
自作すれば素材にもこだわって作ることができますのでオススメです。

ドライシャンプーとして使う

急なお泊まりなどでシャンプーができなかった時などにオススメなのが、ベビーパウダーを使ったドライシャンプーです。
ベビーパウダーを髪にふりかけてクシでなじませるだけなので簡単ですし、災害対策などにも覚えておくとよいですね。
ただ、ベビーパウダーの使いすぎには注意が必要ですので、様子をみて適量を取り入れながら使っていくようにしましょう。

ネイルに使う

愛用のネイルに混ぜてマットな質感のネイルにするベビーパウダーネイルが巷で話題です。
上手く作るコツとしては、少しずつ混ぜて程よい加減のものを作ることや、使う時にはブラシを使って一気に塗ることがポイントです。
ちなみに、このようなマットネイルは片栗粉やコーンスターチでも代用できます。

このネイルのよいところは、いつも使っているネイルをそのまま使用できるところです。
また、ネイルの他に必要なものはベビーパウダーのみというところもよいでしょう。マットネイルは大人っぽくすることなどもできますので、いつものネイルにあきたときなど気軽に雰囲気を変えられてサロンのような仕上がりにできるのでオススメです。

悩み別の使い方

人にはそれぞれ肌の悩みがあったりするでしょうから、自分の悩み別にベビーパウダーも使っていくようにするのがよいでしょう。

毛穴の詰まり

洗顔
出典 : http://beauty-matome.net/skin/baby-powder4.html

洗顔に使って毛穴ケアができるとご紹介しましたが、そもそも余分な皮脂を吸収してくれるような効果もありますので、ベビーパウダーを使うこと自体が毛穴ケアになるのです。
さらさら使えるということは夏にぴったりですし、日焼け止めを下地に使ってファンデーション代わりにベビーパウダーを使うのがオススメです。

肌荒れ

低刺激なので、自分の肌に合うコスメがなかなか見つからないというような人にはぴったりです。

もともと赤ちゃんのあせも対策などにも使われているものなので、大人のあせもなどにも効果があるかもしれません。

特にニキビへの効果に期待ができて、オロナインとベビーパウダーを混ぜたパックをすると一晩で炎症が引いてしまう人もいるみたい。

もちろん肌トラブルがひどい場合はきちんと病院に行くようにしましょう。

服の汚れを落としやすくする

服やスニーカーの汚れやすい部分に使うと、汚れにくかったり汚れた後でも汚れが落ちやすくなるので、洗濯の裏技として覚えておくとよいでしょう。
使うときは歯ブラシなどでこすりつけるのが使いやすくてオススメです。

また、サンダルを履く際には足につけておくとサンダルとの摩擦を和らげてくれる効果もありますし、シューキーパーとして靴の中に入れるのに使うと消臭効果もあります。

革製品や毛皮にも使えるので、消臭したいアイテムと一緒にベビーパウダーを袋に入れてなじませるなどしてから、その後ブラシで余分なパウダーを払い落とすとよいでしょう。
ただ、ベビーパウダーの使いすぎには注意しましょう。

まとめ

美肌モデル
出典 : http://www.peacedelic.jp/nakano/blog/2008/02/104.html

ベビーパウダーにはさまざまな使い方がありますので、もう手放せないという人も多いのです。
肌に優しく毛穴ケアや制汗剤などさまざまなものに使えるということで、万能なので肌身離さず持ち歩いている人も多いのではないでしょうか。
特に脱ファンデを目指している大人の美肌女子には必須アイテムになります。

芸能人やモデルでも普段からファンデーションは使わないという人もいて、そういった人の中にはベビーパウダー愛用者が多いのも徐々にベビーパウダーが美肌アイテムとして注目されることになったきっかけです。

小さいころから使っている人も多く値段もお手頃価格ですので、懐かしい香りと感じる人も多いようですし気軽に買えるお値段も魅力に感じるのでしょう。
最近は持ち運びに便利なプレストタイプもありますのでより使いやすくなっています。移動中は保存容器に詰め替えるのも、よりコンパクトにして持ち歩くことができます。

お手入れのプラスアルファに取り入れて使用を続けていくことで美肌効果も感じやすくなりますし、トラブルを事前に防いでいくことも可能でしょう。
ベビーパウダーを使いつづけることで肌年齢をあげることができたという人もいますから、使ってみて肌の調子がよければ使いつづけてみるのがよいでしょう。

どんな肌質の人にもさまざまな使い方がある中で、自分に合う使い方が分からない人は、毎日のケアの後に取り入れるだけでも効果を実感できる人がいるようです。
特に化粧水と乳液の後に使うと肌がサラサラになると人気が高いですし、大人気のニベアと一緒に使うのも好評です。
ニベアと使う場合は化粧品のあとニベアを使ってその後にベビーパウダーを使います。
ニベアがべたつかずにねむることができますし、翌朝も肌の調子がよいのです。

朝でも昼でも夜でもいつでもスキンケアに取り入れることができますので、自分にとってベストな使い方を考えて取り入れていくようにしましょう。
上手く使うコツとしては、ベビーパウダーの使いすぎに注意するようにして、分量などを調節しながら少しずつ足して使っていくようにするのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

この記事を読んだ人はこちらの記事もおすすめです。

はちみつパックの効果とその実践方法!

日差しが強くなってくると、日焼けやシミ、乾燥や肌荒れなど、お肌のトラブルが気になりますね。 肌を乾燥から守り、潤いを補給してくれるいいパックはないでしょうか。そういう時に、簡単で効果的なパックが、はちみつパックです。ビタミンやミネラル、アミノ酸が豊富な健康食品ですが、肌にとってもとても美容効果があるのです。

お手軽価格なのに高品質!ちふれの化粧水がおすすめ!

基礎化粧品の中でも化粧水は、お肌の水分補給としてとても大事なものですよね。だからこそ、自分に合った良いものを選びたいものです。 そこで今回は、ちふれの化粧水をご紹介したいと思います。

オルビスのファンデーションの効果と口コミは?

水によってお肌の酵素を活性化させるために、オイルカットにこだわりを見せるオルビス。元々お肌が持っている力を引き出すために、余計な添加物を加えずに製品作りをしています。今回は、オルビスが扱うファンデーションの効果を比較し、口コミも紹介いたします。

アイクリームの正しい使い方とおすすめの商品

目元は顔の中でも一番目がいくパーツですが、ケアしないと疲れや年齢が出てしまいます。 目尻のしわやクマ、乾燥などにはアイクリームがおすすめです。

脚痩せしたい方必見!!たったの1週間で驚くほど効果のある脚痩せ法

モデルさんのようなスラリとした脚、憧れますよね。 モデルさんは、とても美意識が高いので日々努力をしています。